Gourmet News

最適な弁当メニューは会議や接待などのシーンで変わる

食事の大切さ

「食事」はあなたに活力とリラックスを与えてくれる大切な要素です。食事の内容によってその日のモチベーションは変わります。仕出し弁当を注文するときも慎重に選ぶようにしましょう。

食事に合うお茶ランキング

no.1

麦茶

食事に合うお茶ランキング堂々の第1位は、「麦茶」です。大麦の種子を煎じて作る麦茶は香りや味が控えめで飲みやすいので、どんな食事にも合わせやすいお茶です。また、コンビニやスーパーでも低価格で気軽に購入できる点が魅力的です。

no.2

ほうじ茶

2番目に食事に合いやすいお茶は「ほうじ茶」です。高温で焙煎して作るほうじ茶は、タンニンやカフェインが少なく、麦茶同様飲みやすいことが特徴です。殺菌作用もあり、食中毒予防にも役立つといわれています。料亭などでも食事中に出されることが多くある定番のお茶です。

no.3

玄米茶

ほうじ茶の次に食事に合いやすいお茶は「玄米茶」です。玄米茶は、番茶や煎茶に玄米を混ぜたお茶です。オリザノールやビタミンE、カテキンなど身体に良い成分が多く入っていることが特徴です。香りも非常に落ち着いているので、食事を摂りながら飲むとリラックス効果を得ることができるでしょう。

[PR]
はちみつ漬け梅干しが買える!
高品質な商品を多数取り扱い中

弁当メニューを決めるときに役立つ基本的な考え方

食器

接待での弁当選び

接待で仕出し弁当を注文するときは、失礼のないように、素材が厳選されていて見た目も味も完璧な弁当メニューを選ぶようにしましょう。大阪市には高級弁当の専門店もあります。ただし値段は高くなりやすいので予算決めには注意が必要です。

会議での弁当選び

会議中の食事は貴重なリラックスタイムです。そのため、貧相な弁当ではなく、見た目も食欲をそそるような美味しい弁当メニューを選ぶようにしましょう。おかずが1口サイズにわけられている弁当ならば、会議をしながらでも食べやすくなります。大阪の仕出し弁当業者は多くあるので、食べやすい弁当を提供しているところを選ぶようにしましょう。

研修での弁当選び

研修のような大人数の場での弁当メニューは、好き嫌いが分かれづらい弁当を選ぶことが大切です。魚系・肉系と2つのタイプを注文して、食べる人が好きなものを選べるようにするとなお良いでしょう。大人数だとちょっとした金額の差が大きなコストになるので、弁当1つあたりの値段についても気をつけるようにしましょう。

[PR]
大阪市で仕出し弁当依頼を!
旬の食材たっぷり♪

食べる人が楽しめるかを考える

弁当選びで大切なことは、弁当を食べる人数や食べる人の役職、その場の雰囲気をチェックすることです。どうしたら全員が食事を楽しめるのか、ということを考えて弁当メニューを決めるようにしましょう。

[PR]
ケータリングは東京で依頼
ほっぺたが落ちる料理が満載★

広告募集中